1/9はサッカーのアジアカップ日本戦や!

1xBet € 100 ボーナス.

ゲーム責任のテキスト |


 

新年です、新年ですよ!!

本当にあけましておめでとうやで!おめでとうなんやで!



ティンガマンや!

 

2019年となって久々にスポーツについて書こうかと思った時に

ちょうどサッカーのアジアカップが始まってくれた!

ちなみに1月6日から大会は始まっていてアラブ首長国連邦VSバーレーンの1対1の引き分けから始まって
同じ日にタイVSインドがあって1対4でインドが勝利し、またもや同じ日にオーストラリアVSヨルダンで0対1のヨルダンが勝利。オーストラリアまけたんかい!

1月7日には

シリアVSパレスチナ
中国VSキルギス
韓国VSフィリピン

の3試合があった!

もうアジアカップは始まっているけど日本戦は1月9日からや!

 

日本VSトルクメニスタン

1月9日 20:00

アルナヒヤーンスタジアム

1.096 9.8 22
日本      引分け    トルクメニスタン
     

 

という試合や!

トルク....?ミニ四駆のモーターの話でもしとるんか?ww

ってかオッズwww

なんか怖いなこのオッズ...

 

 

日本代表は『グループF』

 

ちなみに『グループF』には
『日本』
『オマーン』
『ウズベキスタン』
『トルクメニスタン』
 

の4か国がいる。

グループFの中では

日本が9大会連続9回目の出場でFIFAランク50位
ウズベキスタンが7大会連続7回目の出場でFIFAランク95位
オマーンが2大会連続4回目の出場でFIFAランクは82位
トルクメニスタンが4大会ぶり2回目のFIFAランク127位

 

となっていて、さすがに勝ち上がるやろって感じや。

 

ちなみに日本はアジア大会で過去4回優勝していて優勝回数はトップ。

続いてサウジアラビアとイランが優勝3回で並んでいて

韓国が優勝2回

優勝1回にイラク、イスラエル、クウェート、オーストラリアと続いている。

 

よくサッカーになると日本は世界にはちょっとかなわないと日本の対戦国のほうにBETしていたティンガマンだけど、今回は日本が勝っていくのかも・・・・・

うれしいような複雑な気分やワロス

 

 

今回の日本代表メンバー

 

・GK
東口順昭/ガンバ大阪
権田修一/サガン鳥栖
シュミット・ダニエル/ベガルタ仙台

 

・DF
長友佑都/ガラタサライ(トルコ)
槙野智章/浦和レッズ
吉田麻也/サウサンプトン(イングランド)
佐々木翔/サンフレッチェ広島
酒井宏樹/マルセイユ(フランス)
室屋成/FC東京
三浦弦太/ガンバ大阪
冨安健洋/シント=トロイデンVV(ベルギー)
塩谷司/アルアイン(UAE)

 

・MF
青山敏弘/サンフレッチェ広島
原口元気/ハノーファー(ドイツ)
柴崎岳/ヘタフェ(スペイン)
遠藤航/シント=トロイデンVV(ベルギー)
伊東純也/柏レイソル
南野拓実/ザルツブルク(オーストリア)
堂安律/フローニンゲン(オランダ)
乾貴士/ベティス(スペイン)

 

・FW
大迫勇也/ブレーメン(ドイツ)
武藤嘉紀/ニューカッスル(イングランド)
北川航也/清水エスパルス

 

という感じとなっていてケガで不参加の選手が3人いたので追加招集もあって最終的にこの23人となった!

前回大会から4年たったということでメンバーもある程度変わった感じや!

 

今回の日本代表の評価としては、ロシアワールドカップでアジア勢では唯一のベスト16入りしたということで評価は高いらしい。

ただ、中島翔哉、南野拓実、堂安律の新攻撃トリオが注目されているとネットでさっき見たけど、中島翔哉ってケガで不参加だから、どーなるやら・・・・

代わりに出る選手の奮起を期待したいところやな!

 

イタリアのメディアでこの大会で注目すべき10選手の中に日本代表からは堂安律選手が選出されている

でも、いろんな記事を見てヨーロッパの強豪の指揮官のコメントなどで『アジアカップは見る価値のある大会だ』と言ってはいるけど、前置きとかで『注目はあまりされていないけど・・・・』とか『西洋のサッカーファンにはあまり知られていない大会だ』とか、わざわざ言わなくてもいいことを言っているところがリップサービス感がハンパないなww

『ヨーロッパ』じゃなくて『アジア』の大会だし、ヨーロッパの人で知っていいところる人がいないに等しいのは、当然だろw

とりあえず、日本代表には頑張ってほしいところ、いや、絶対に勝たなければならないってところ

 

あと、一応、他のアジアカップ参加国とグループも書いておくず

 

グループA

アラブ首長国連邦(5大会連続10回目の出場でFIFAランク79位)

タイ(3大会ぶり7回目の出場でFIFAランク118位)

インド(2大会ぶり4回目の出場でFIFAランク97位)

バーレーン(5大会連続6回目の出場でFIFAランク113位)

 

グループB

オーストラリア(4大会連続4回目の出場でFIFAランク41位)

シリア(2大会ぶり6回目の出場でFIFAランク74位)

パレスチナ(2大会ぶり2回目の出場でFIFAランク99位)

ヨルダン(3大会ぶり4回目の出場でFIFAランク109位)

 

グループC

韓国(7大会連続14回目の出場でFIFAランク53位)

中国(12大会連続12回目の出場でFIFAランク76位)

キリギス(初出場でFIFAランク91位)

フィリピン(初出場でFIFAランク116位)

 

グループD

イラン(14大会連続14回目の出場でFIFAランク29位)

イラク(6大会連続8回目の出場でFIFAランク88位)

ベトナム(3大会ぶり2回目の出場でFIFAランク100位)

イエメン(初出場でFIFAランク135位)

 

グループE

サウジアラビア(10大会連続10回目の出場でFIFAランク69位)

カタール(6大会連続10回目の出場でFIFAランク93位)

レバノン(5大会ぶり2回目の出場でFIFAランク81位)

北朝鮮(3大会ぶり5回目の出場でFIFAランク109位)

 

グループF

ウズベキスタン(7大会連続7回目の出場でFIFAランク95位)

オマーン(2大会連続4回目の出場でFIFAランク82位)

トルクメニスタン(4大会ぶり2回目の出場でFIFAランク127位)

日本(9大会連続9回目の出場でFIFAランク50位)

 

ルール

勝利すると勝ち点が3、引き分けが勝ち点1、負けると0で各グループ3試合し勝ち点が上位2チームが決勝トーナメントに進出する。

また、各グループで3位となってしまったチームも、その中で成績が上位の4か国も決勝トーナメントに進むことができる。

 

前回のアジアカップから変わった点は、出場枠が24か国になって試合数も増え、グループでは3位でも決勝に進める可能性があること

VAR(いわゆるビデオ判定)が準々決勝から導入されてリクエスト制度ではないこと

選手交代の枠は3人までだが延長戦に入った場合に4人目が可能になったこと

 

 

このルール変更でどういった展開となるのか!

そして1月9日の日本戦が楽しみや!

 

 

じゃあの!!


1xBet € 100 ボーナス.

ゲーム責任のテキスト |