プロ野球2019年開幕3連戦終了!


1xBet € 100 ボーナス.

|


 

どうも!ティンガマンや! 

プロ野球が開幕して開幕3連戦が終了した。

オープン戦はしていたけどやっぱり開幕してからは始まった感じがすごいあっていいな!

今日は月曜日でプロ野球が休みだけど、明日からまた連戦が始まってくれるから。

やっぱりブックメーカーは楽しいな!

 

では、かなり気が早すぎるけど順位表も書いていく。

今日書くのは長くなるから3/30までにするず、昨日の結果は明日の今日の試合のオッズ書くときにかくやで!

 

 

プロ野球順位表

・セ・リーグ

1 阪神   3試合2勝1敗
1 DeNA   3試合2勝1敗
1 巨人   3試合2勝1敗
4 広島   3試合1勝2敗
4 ヤクルト 3試合1勝2敗
4 中日   3試合1勝2敗

 

・パ・リーグ

1 ソフトバンク 3試合3勝0敗
1 日本ハム   3試合2勝0敗1分
3 楽天     3試合2勝1敗
4 ロッテ    3試合1勝2敗
5 オリックス  3試合0勝2敗1分
6 西武     3試合0勝3敗

 

3試合が終わったばかりで順位表の意味ない感じだけどこんな感じや。

巨人が苦手のマツダスタジアムの広島戦に勝ち越して、ソフトバンクが西武相手に3連勝。

オープン戦最下位だった日本ハムも開幕してからはらしさも見せて負けなしだった。

ちなみに開幕戦で中日にワイはBETしてしたが打線が打てなかったなワロス

期待していた笠原投手は好投したけど、ほんと打てなかったなw

 

 

プロ野球 開幕戦 3/29

 

 

阪神VSヤクルト

----------------------------

京セラドーム大阪
阪神(◎2)VS ヤクルト(1)
 
2.37        1.95
先 メッセンジャー  先 小川 
----------------------------

 

ここに注目

阪神の先発はエースのメッセンジャー投手。来日10年目となって37歳と球速も全盛期よりは落ちたが昨シーズンも11勝とチームを支えた。

この日の登板は初回にいきなり3連打を浴びるが無失点で切り抜けて調子を取り戻して7回1失点の好投。延長に入ってからもリリーフ陣が無失点で最終的にはサヨナラ勝ち。

打線のほうは中々打てない中で中盤にセンタースタメンの近本選手の3塁打で同点になって延長11回裏に代打の鳥谷選手の3塁打でチャンスを作って暴投でサヨナラ勝ちというなんともな勝ち方だった。

ヤクルトは小川投手が先発。昨シーズンは安定していたが8勝で終わって2015年以来の二けた勝利をしてほしいところで、7回1失点の好投。エラーがらみの失点ではあったので防御率は0.00だ。

投手陣では延長11回にクローザーの石山投手が暴投で失点してサヨナラ負けだった。

打線は初回いきなり3連打も最悪の無得点で、その後のチャンスでも1点しか取れずに投手陣は頑張ったけど・・・・という試合だった。

 

 

 

広島VS巨人

----------------------------

マツダスタジアム
広島(◎5)VS 巨人(0)

2.37      1.90
先 大瀬良   先 菅野
----------------------------

 

ここに注目

広島の先発は昨シーズン最多勝と最高勝率の大瀬良投手。15勝7敗で防御率2.62といいシーズン。この日も8回無失点11奪三振と快投。球数も多かったので完封はなかったけど菅野投手が投げている巨人に1点も取らせなかったのはさすがだった。

打線は3回に安部選手のホームランで先制して終盤に巨人のリリーフ陣を攻めて4得点で快勝だった。

巨人の先発はエースの菅野投手。昨シーズンは最多勝、最多奪三振、最優秀防御率など賞を総なめにして2年連続沢村賞も獲得。シーズン序盤は調子が悪かったのに修正して完封の数も8個も記録し、15勝8敗で防御率2.14という感じでこの日も7回1失点で好投だったが打線の援護もなくリリーフも打たれて点差を広げられて黒星だった。

リリーフの大江投手に宮國投手が失点して悔しい始まりだった。

打線のほうでは1番に入っている吉川尚選手が3安打っだったが新戦力の広島からFA移籍の丸選手が4三振など後が続かず無得点。

 

 

 

DeNAVS中日

----------------------------

横浜

DeNA(◎8)VS 中日(1)
 
1.87     2.50
先 今永   先 笠原
----------------------------

 

ここに注目

DeNAは左腕の今永投手の先発。昨シーズンは全体的に不安定で防御率が6.90の4勝11敗。普通なら勝ちと負けが逆の投手なのに大きく負け越していたが、この日は8回無失点の11奪三振。オープン戦も調子が良さそうだったので期待していきたい!

最終回は点差が開いたけどクローザーの山﨑投手が登板して1失点はあったけど開幕は見事に勝利スタートだった。

打線は6回までは0対0の投手戦だったが7回から相手のリリーフ陣を攻めて2得点に8回には筒香選手のホームランもあって6得点で終わってみたら13安打8得点だった。

中日の先発は期待の若手左腕の笠原投手。昨シーズン途中から一気に覚醒して6勝をマーク。今シーズンのオープン戦も20.2イニングで防御率が2.61で期待ができそうな仕上がり。この日も5回無失点としっかり好投も代打送られてしまっていた・・・・

結果リリーフ陣が大乱調で負けていた。特に田島投手が6失点とひどい出来栄えだった。

打線もあまり打てずに9回に1点取れたけどそれがやっとだった。

 

 

 

日本ハムVSオリックス

----------------------------

札幌ドーム
日本ハム(◎7)VS オリックス(3)
  
1.93       2.42
先 上沢     先 山岡
----------------------------

 

ここに注目

日本ハムの先発は昨シーズン二けた勝利の上沢投手。ちょっとムラのある感じではあったが防御率が3.16の11勝6敗だった。この日は6回3失点で何とかまとめたけど緊張もあったのか今一つな出来栄えだった。リリーフ陣は斎藤佑樹投手も含めて無失点リレーでチームのサヨナラ勝ちを呼び込んだ。

打線はなかなか打てないでいたが終盤8回にようやく追いついて延長に突入して延長10回裏に満塁のチャンスで中田選手がホームランで鮮やかな勝ち方だった。2人申告敬遠で満塁にして中田選手勝負ってめっちゃなめられてるなwww

オリックスは3年目の山岡投手の先発。昨シーズンも頑張ってはいたが援護がなかったりもあって2年連続規定投球回をクリアしながら2年連続二けた黒星。

この日は初回から好投していて完投する勢いではあったが8回に2点取られて同点にされた。それでも8回3失点の好投だったので柱として活躍してほしい。

初の開幕投手で緊張の中でリリーフがいいチームなのに引っ張り過ぎた感じかな?

打線は初回に2点先制するなど10安打3得点。1番起用の福田選手も3安打にルーキーの頓宮選手も2安打2打点で勝っていたら開幕戦でルーキーがヒーローインタビューだっただろうな・・・・

 

 

 

ロッテVS楽天

----------------------------

ZOZOマリン
ロッテ(◎5)VS 楽天(4)
  
2.37     1.95
先 石川    先 岸
----------------------------

 

ここに注目

ロッテの先発は石川投手。昨シーズン序盤は調子がよく6月で9勝していたが離脱してからは調子が悪く成績は防御率が3.92の9勝8敗。

今シーズンは2016年以来の二けた勝利を目指しているが、この日は6回途中4失点。ピンチで粘れなかったのが痛かったな。

ただ、リリーフ陣が好投してチームは逆転勝ちだった。

打線は5安打に抑えられたが、加藤選手、中村選手、レアード選手にホームランが出るという昨シーズンまでのロッテでは考えられないようなホームランで勝利だった。

楽天は岸投手が先発。昨シーズンは相変わらず援護があまりない中で最優秀防御率のタイトル獲得し防御率が2.72の11勝4敗だった。

この日は左太もものアクシデントで5回途中2失点で降板。軽傷らしいので手薄な投手陣は安心かな?

ただ、岸投手が降板してしまったのでリリーフ陣が早めに登板したがリードを守れずに逆転負け。

打線は序盤にウィーラ選手のホームランで逆転して同点にされてもブラッシュ選手のタイムリーで逆転と打線は悪くなかった。

 

 

 

ソフトバンクVS西武

----------------------------

ヤフオクドーム
ソフトバンク(◎5)VS 西武(4)
  
1.75       2.73
先 千賀     先 多和田
----------------------------

 

ここに注目

ソフトバンクは千賀投手が2年連続の開幕投手。昨シーズンはケガでの離脱がありながら防御率が3.51の13勝7敗。この日は初回の初球から161キロを計測してキレキレのまま6回無失点だった。ただ、3番手で投げた昨シーズンの勝ちパターンの加治屋投手がまさかの満塁ホームランで同点にされて延長突入。

それでもルーキーの奥村選手もピンチで抑え、クローザーの森投手も抜群の安定感でドラフト1位の甲斐野投手が2回無失点の5奪三振でサヨナラ勝ちを呼び込んで開幕戦で甲斐野投手がプロ初勝利だった。

打線は序盤からヒットが大量に出て16安打5得点。今宮選手、グラシアル選手が3安打に松田選手に先制ホームラン。柳田選手が2盗塁などなどで、最後はデスパイネ選手のサヨナラ打だった。

西武は昨シーズン最多勝の多和田投手の先発。成績は防御率が3.81の16勝5敗。調子のいい時はすごいが悪い時は物凄く打たれる感じで、この日は5回4失点と調整不足なのか、調子が今一つだったのか、緊張しすぎたのか?という感じだった。リリーフ陣は打たれながらも無失点だったがクローザーのヒース投手が力尽きてサヨナラ負けだった。

打線は投手が良すぎて打てなかったがワンチャンスで山川選手の満塁ホームランが出ていた。

 

 

 

プロ野球  3/30

 

阪神VSヤクルト

----------------------------

京セラドーム大阪
阪神(◎1)VS ヤクルト(0)
 
1.86     2.49
先 岩貞    先 石川 
----------------------------

 

ここに注目

阪神の先発は岩貞投手。昨シーズンは安定感があったが援護があまりなく防御率が3.48の7勝10敗。

この日は初回に山田選手にヒットを打たれたが、打たれたヒットはその1本で7回途中無失点だった。4つもファーボール出していて無失点だったはヤクルト打線が調子悪すぎるのかな?

リリーフ陣もヒットも許さずに完封リレーだった。

打線は4安打に抑えられるが初回の糸井選手のホームランの1点を守り切った。

ヤクルトの先発はベテラン左腕の石川投手。昨シーズンは防御率4.88の7勝6敗。まだまだできそうな感じでこの日も5回1失点で今シーズンもローテンションを守ってくれそう。

中継ぎ陣もベテランの五十嵐投手も含めて好投だった。

ただ、打線が1安打に抑えられ、3連続ファーボールでチャンスをもらっても打てないなど開幕してから元気がない感じ。

 

 

 

 

広島VS巨人

----------------------------

マツダスタジアム
広島(2)VS 巨人(◎5)

2.02    2.24
先 床田   先 ヤングマン
----------------------------

 

ここに注目

広島の先発は今シーズン期待されている3年目左腕の床田投手。この日は6回途中4失点でオープン戦の好投は見せられなかった。

次の登板では好投していけるかな?

打線は鈴木選手にホームランが出ていたが全体的にあまり打てなかった。

巨人はヤングマン投手が先発。昨シーズンも好投していたがケガで離脱してしまって防御率2.77の3勝1敗だった。この日は6回1失点の好投で次回の登板も楽しみな感じだった。

打線はチャンスでしっかり得点出来て5得点。開幕戦はスタメンではなかったゲレーロ選手が6番に入って3安打4打点の活躍だった。

 

 

 

DeNAVS中日

----------------------------

横浜

DeNA(1)VS 中日(◎9)
 
1.97     2.31
先 京山   先 山井
----------------------------

 

ここに注目

DeNAの先発は昨シーズン6勝の3年目右腕の京山投手。この日は2巡目からつかまって4回途中4失点と悔しい投球。

リリーフでも球速面で話題をよんでいて好調そうだった国吉投手が1回4失点と微妙だった。

打線は4安打に抑えられて1得点したシーンもヒットが絡んでいなく調子が良くなかった。

中日の先発は山井投手。先シーズンは完封があったりなどしたが防御率が4.04の3勝6敗。ただ、ベテラン投手陣に頼りがちなチームなので頑張ってほしいところ。この日の登板は5回1失点で好投なので次回も楽しみ。

打線は前の日は打てなかったが、この日はかなり打って14安打9得点。1点しかとられていない試合なので6,7点くらい違う試合に取っておきたいくらいだった。

 

 

 

日本ハムVSオリックス

----------------------------

札幌ドーム
日本ハム(4)VS オリックス(4)
  
1.90      2.44
先 金子     先 東明
----------------------------

 

ここに注目

日本ハムの先発は昨シーズンまでオリックスの金子投手。序盤に2失点するもしっかりまとめて5回2失点。昨シーズンは故障もあって4勝だったので二桁勝って復活なるか!

中継ぎ陣も踏ん張っていたが9回に石川選手が2点取られて負け寸前だったが追いつき、延長12回引き分けで終了。

打線は序盤に中田選手のホームランで同点になって9回裏にも2点ビハインドでt中田選手のタイムリーで同点でチームは中田選手に助けられた感じだった。

オリックスの先発は東明投手。昨シーズン途中からケガから復帰して好投が続いていてこの日も5回2失点の好投だった。投球スタイルは変化球ピッチャーへと変わったがすごい打ちにくそうなので昨シーズン同様に援護をもらいたいところ。

2点リードで迎えた9回にクローザーの増井投手が打たれて延長に入って引き分けだった。

リリーフ陣の中でベテランなのかも・・・・

打線は小田選手にホームランが出るなど効果的に得点はできたが延長に入ってからは得点できなかった。

 

 

 

ロッテVS楽天

----------------------------

ZOZOマリン
ロッテ(3)VS 楽天(◎9)
  
1.93        2.27
先 ボルシンガー  先 美馬
----------------------------

 

ここに注目

ロッテの先発はボルシンガー投手。昨シーズンは離脱があったが防御率が3.06の13勝2敗で安定感抜群だった。この日は初回はよかったけど結果的には5回途中5失点で降板してしまった。中継ぎも打たれて9失点の敗北だった。

打線はレアード選手に2試合連続ホームランが出るなど昨シーズンになかった戦いができているだけに投手陣に踏ん張ってほしかった。

楽天は美馬投手が先発。昨シーズンは防御率が4.56の2勝6敗と期待を大いに裏切っただけに再起がかかる。この日は5回3失点で勝利投手。まずまずの出来で中継ぎもしっかり投げていたので悪くはなかった。

打線のほうは10安打9得点。オコエ選手と嶋選手にホームランが出るなど派手な勝ち方だった。

 

 

 

ソフトバンクVS西武

----------------------------

ヤフオクドーム
ソフトバンク(◎6)VS 西武(5)
  
1.56          3.32
先 ミランダ     先 今井
----------------------------

 

ここに注目

ソフトバンクの先発は昨シーズン途中から加入のミランダ投手。8試合の登板で防御率が1.89の6勝1敗と楽しみな投手であったがこの日は勝ちはしたが5回4失点で次回はもう少し抑えてほしいところ。この日も中継ぎ陣は抑えて、前の日に打たれた加治屋投手も打たれはしなかった。

打線は10安打6得点。しかも1,2番が好調で3番の柳田選手にホームランといい流れだった。

西武の先発は3年目の今井投手。昨シーズン5勝で期待されているがこの日は5回途中6失点と乱調だった。

中継ぎは抑えていて1点差で粘ったが勝利ならず・・・・

打線は栗山選手にホームランに山川選手に2試合連続ホームランと1点差にはなったが惜しかった。

 

 

 

予想屋ティンちゃんの収支表

 

19年3月       -10ドル

19年4月  

 

プロ野球最初から負けたけど4月が始まって勝っていくやで!

やっぱりブックメーカーでBETしてスポーツ観戦は楽しいず。

明日は試合にBETしていくず!

 

 

じゃあの!!


1xBet € 100 ボーナス.

|