プロ野球 2019年4/2


1xBet € 100 ボーナス.

ゲーム責任のテキスト |


 

どうも!ティンガマンや! 

プロ野球が開幕して今日からは各チーム2カード目や!

野球はほぼ毎日あるからブックメーカーで遊べる日も多くて楽しいず。

昨日は長くなるから3/29と3/30の結果だけ書いていたから、今日は3/31の結果と今日の予定を

書いていくず。

では、順位表からや!

 

 

プロ野球順位表

・セ・リーグ

1 阪神   3試合2勝1敗
1 DeNA   3試合2勝1敗
1 巨人   3試合2勝1敗
4 広島   3試合1勝2敗
4 ヤクルト 3試合1勝2敗
4 中日   3試合1勝2敗

 

・パ・リーグ

1 ソフトバンク 3試合3勝0敗
1 日本ハム   3試合2勝0敗1分
3 楽天     3試合2勝1敗
4 ロッテ    3試合1勝2敗
5 オリックス  3試合0勝2敗1分
6 西武     3試合0勝3敗

 

昨日がプロ野球休みだったから昨日書いた順位表と変わっていない!

では3/30の結果からいくやで

 

 

プロ野球 3/31

 

 

阪神VSヤクルト

----------------------------

京セラドーム大阪
阪神(1)VS ヤクルト(◎2)
 
1.96     2.27
先 西    先 高梨
----------------------------

 

ここに注目

阪神の先発はオリックスからFA移籍の西投手。昨シーズンは防御率が3.60の10勝13敗という成績。結構援護がなかなかもらえない中で負けが多いシーズンだったというか毎年そんな感じだったので新天地では援護をしっかりもらって大きく勝ち越してほしいところ。まあ阪神打線が援護できるかはシーズン始まってみないとわからないけどww

そして、この日は7回2失点の好投だったが負け投手。なるほどワロス

打線は4安打に抑えられて大山選手の犠牲フライで1点返すのがやっとだった。

ヤクルトは日本ハムから移籍の高梨投手。二桁勝ったことのある投手の加入はヤクルトにとっては大きい。昨シーズンは防御率が4.50の5勝7敗だったので、久々に二桁勝ちたい。

この日の登板は6回1失点の好投で移籍後初登板で初勝利。中継ぎ投手でも抑えの石山投手がしっかり守れて1点差勝利だった。

打線は初回のバレンティン選手と雄平選手のタイムリーの2点が決勝点。

 

 

 

広島VS巨人

----------------------------

マツダスタジアム
広島(3)VS 巨人(◎6)

1.97     2.26
先 九里    先 畠
----------------------------

 

ここに注目

広島の先発は九里投手。昨シーズンも先発中継ぎ両方こなして8勝4敗の防御率4.26だった。今シーズンは初の二桁勝利までいけるか!

この日は5回3失点でそれなりに試合はつくっていった。チームが同点に追いついた直後の9回に抑えの中﨑投手が守備の乱れから3失点して負けてしまった。

打線は10安打3得点でくらいついていたけど、エラーが3つもでて勝ち越しはできなかった。

田中選手が3安打で調子が良さそうだった。

巨人は先発が畠投手。昨シーズンは期待されていたがケガの影響で9試合の登板だった。

この日は6日途中2失点で価値の権利を持って降りたが4番手の桜井投手の不調から同点にされて勝ち負けつかず。抑えのクック投手がオープン戦では心配だったけどこの日で2セーブ目をあげた。

打線は2回にゲレーロ選手の2ランホームランで逆転して5回には丸選手の移籍後初ヒット兼初タイムリーで勝ち越し、またもや同点にされて迎えた9回に吉川尚選手と坂本選手のタイムリーで3得点し勝利していた。

 

 

 

DeNAVS中日

----------------------------

横浜

DeNA(◎3)VS 中日(2)
 
1.93      2.42
先 井納     先 柳
----------------------------

 

ここに注目

DeNAの先発は井納投手でリリーフで始まって途中から先発し防御率が3.54の6勝3敗8ホールド1セーブ。

この日は5回1失点で勝利投手の権利を持って降板したが2番手のエスコバー投手が同点にされてしまって勝ち負けつかず。その後は中継ぎ陣が無得点でつないでサヨナラ勝ちを呼び込んだ。

打線は初回に梶谷選手の2点タイムリーで先制したがその後は得点できないで迎えた9回にチャンスで代打の佐野選手のサヨナラヒットだった。

中日は柳投手の先発。昨シーズン完封はあったけど防御率5.23の2勝5敗という成績。オープン戦から昨シーズンよりはよさそうで、この日も初回に制球を乱して2失点するも6回2失点で好投していた。9回に登板の小熊投手が打たれてチームはサヨナラ負けだった。

打線はビシエド選手のホームランなどで同点までは行けたが勝ち越しはできなかった。

 

 

 

日本ハムVSオリックス

----------------------------

札幌ドーム
日本ハム(◎3)VS オリックス(1)
  
1.93       2.42
先 有原      先 榊原
----------------------------

 

ここに注目

日本ハムは有原投手が先発。昨シーズンは中継ぎでも投げて防御率が4.55の8勝5敗1ホールド2セーブ。本来なら先発ローテーションで二桁勝つ投手なので今シーズンは復活なるか。

この日は7日1失点の自責点は0と好投で勝利投手。その後も宮西投手、新外国人のハンコック投手とつないでリードを守り切った。

打線は初回にもらったチャンスでノーヒットで先制すると近藤選手のタイムリーは新外国人の王選手のタイムリーで3得点だった。

オリックスは先発が榊原投手。3年目で昨シーズンは5試合の登板だった。

この日は5回途中3失点でKO。制球も乱れていて球数も多く、よく3点ですんだ。

打線はそれなりにヒットは出ていたが若月選手のタイムリーの1点のみだった。

 

 

 

ロッテVS楽天

----------------------------

ZOZOマリン
ロッテ(4)VS 楽天(◎9)
  
2.05      2.18
先 有吉    先 藤平
----------------------------

 

ここに注目

ロッテの先発は有吉投手。昨シーズンは途中から先発になって防御率が3.74の6勝5敗2ホールドと先発中継ぎどちらもできることをアピール。

ただ、この日は5回途中5失点とうまくいかない今シーズン初登板だった。

中継ぎ陣も失点が多く終わってみたら大敗だった。

打線は初回に加藤選手のホームランで先制したり終盤にはレアード選手の3試合連続ホームランが飛び出すなど昨シーズンまでの長打力不足が解決しているだけに投手陣は最少失点に抑えてほしいところ。

楽天は藤平投手が先発。昨シーズンは防御率が4.43の4勝7敗とちょっとずつ勝ち星が伸びていっている。この日は3回途中3失点で悔しい感じ。

2番手の石橋投手がプロ初勝利をあげていた。

打線は11安打9得点で破壊力抜群。ホームランもウィーラー選手に2本出て、新外国人のブラッシュ選手にも1本出ていた。

 

 

ソフトバンクVS西武

----------------------------

ヤフオクドーム
ソフトバンク(◎3)VS 西武(1)
  
1.95        2.31
先 高橋礼     先 髙橋光
----------------------------

 

ここに注目

ソフトバンクの先発は2年目のアンダースロー投手の高橋礼投手。昨シーズンのルーキーシーズンは140キロを超えるストレートを武器に今年に期待の持てるシーズンだった。

この日は磨いた投球術で6イニングを投げて1失点の好投でプロ初勝利。

中継ぎ陣も好投してルーキーの甲斐野投手も勝ちパターンに加わり最後は抑えの森投手で勝利した。

打線は柳田選手の2試合連続ホームランを含む3安打にオープン戦調子が悪かった上林選手にもホームランが出ていた。

西武は髙橋光投手が先発。昨シーズンはケガの影響で3.試合の登板で防御率4.50の2勝1敗。

この日は7回3失点とまとまった投球ができたが黒星となった。

打線は中村選手のホームランで中盤に先制したがその後得点はできなかった。

 

 

 

今日のプロ野球 4/2

 

巨人VS阪神

----------------------------

東京ドーム
巨人 VS 阪神
 
1.93    2.40  
先 山口  先 ガルシア
----------------------------

 

ここに注目

巨人の先発は山口投手。昨シーズンは終盤から抑えになって防御率が3.68の9勝9敗1ホールド1セーブ。巨人移籍後初の二桁勝利はならなかったがノーヒットノーランも経験して完投能力もあるので今シーズンも期待。

チームも苦手のマツダスタジアムでの広島戦で勝ち越しているから流れはよさそう。

阪神の先発は中日から移籍のガルシア投手。昨シーズンは防御率が2.99の13勝9敗。ドーム球場に強そうな印象なので今日はしっかり抑えて勝利なるか。

 

 

 

ヤクルトVSDeNA

----------------------------

神宮
ヤクルト VS DeNA

2.45     1.90
先 原   先 上茶谷
----------------------------

 

ここに注目

ヤクルトの先発は原投手。昨シーズンは後半戦に入ってからエース級の活躍で成績は防御率が3.09の6勝7敗1ホールドだった。先発中継ぎ両方していたけど後半の勢いなら先発ローテーションで二桁勝ちそう。

オープン戦では失点がちょっと気になる感じではあった。

DeNAの先発はドラフト1位ルーキーの上茶谷投手。オープン戦でも期待できる内容だったので先発で二桁勝ちそう。

DeNAは先発の柱がケガとか不調で計算できなくても、いい新人投手が入ってきて代わりに頑張ってくれるな。

 

 

 

中日VS広島

----------------------------

ナゴヤドーム

中日 VS 広島
 
2.50    1.86
先 大野   先 ジョンソン
----------------------------

 

ここに注目

中日の先発は大野投手。一時期3年連続二けた勝利で先発を支えていたがここ最近はなかなか勝てずに昨シーズンは6試合の登板。

今シーズンは球種も増えて調子もかなりよさそうなので2015年以来の二桁勝利なるか!

そして二桁勝っている時も援護がなかったのもあるけど負け数が多かったので大きく勝ち越してほしいところ。

広島の先発はジョンソン投手。昨シーズンは2年ぶりの二桁勝利の防御率が3.11の11勝5敗。今シーズンもチームを支えてほしいところだ。

 

 

 

楽天VS日本ハム

----------------------------

楽天生命パーク
楽天 VS 日本ハム
  
2.35     1.98
先 辛島   先 加藤
----------------------------

 

ここに注目

楽天の先発は辛島投手。なかなか好投しても援護をもらえない投手で昨シーズンは防御率が4.19の4勝9敗。自身のシーズン最多勝も8勝で、それが3度もあるので、11年目となる今シーズンは、そろそろ10勝はしたい。

日本ハムの先発は左腕の加藤投手。昨シーズンは防御率が4.53の5勝8敗3ホールド。先発中継ぎ半分ずつ投げた感じ。入団してから7勝→6勝→5勝となってきているので嫌な流れは断ち切りたい。

 

 

 

西武VSロッテ

----------------------------

メットライフ
西武 VS ロッテ
  
2.12     2.21
先 ニール  先 涌井
----------------------------

 

ここに注目

開幕3連敗の西武は新外国人のニール投手が先発。コントロールは乱さない投手といわれてはいて期待はできる。計算できる先発が少ない投手陣で活躍してほしいところだが・・・・

ロッテの先発は涌井投手。昨シーズンは防御率が3.70の7勝9敗。ここ数年はムラの多い感じなので1年間安定した投球で二桁勝利するか。

打線が今シーズンはホームランが出るので投手陣に頑張ってほしい。

 

 

 

オリックスVSソフトバンク

----------------------------

京セラドーム大阪
オリックス VS ソフトバンク
  
2.50        1.86
先 アルバース   先 東浜
----------------------------

 

ここに注目

オリックスの先発は制球抜群のアルバース投手。昨シーズンはケガで離脱するまでは防御率3.08の9勝2敗でチームを支えた。

ソフトバンクの先発は東浜投手。昨シーズンはケガで離脱もあって防御率が3.32の7勝5敗。昨シーズンも復帰してからは好投が続いているので最多勝も経験し勝ち方がわかっている感じ。オープン戦は調整が遅れていたけどどこまで戻っているか。

 

 

 

予想屋ティンちゃんの BET どころ

 

・福岡ソフトバンクホークス  10ドルBET          

 

ちょっと今日は勝ちにいくやで!

開幕3連勝で来ているし打線もいいしリリーフもけが人多くてもいい感じ。

 

 

明日のプロ野球 4/3

 

・巨人VS阪神

・ヤクルトVSDeNA

・中日VS広島

・楽天VS日本ハム

・西武VSロッテ

・オリックスVSソフトバンク

 

今日と同じ対戦や!

 

 

予想屋ティンちゃんの収支表

 

19年3月       -10ドル

19年4月  

 

19年4月2日のBET     10ドル

 

今月もブックメーカーで遊んでいくやで!

 

じゃあの!!


1xBet € 100 ボーナス.

ゲーム責任のテキスト |